京都金杯の傾向は?枠はどこがいい?

ポイフルです。

土曜日の京都11R、京都金杯について、考察していきます。

まず、例年のペースについては、こちらになります。

ペースがちょっと読みにくいですね。

あまり、傾向といった傾向が見受けられません。

枠的には、6・7・8枠がやや不利かなといった印象です。

内枠気味の馬をメインにしたいところです。

展開の傾向も読みづらく、第4コーナーの通過順もまちまちです。

ただ、『スローなら前、ハイなら後ろ』という傾向はありそうに感じます。

あと、馬体重が500kgを超えてくると、馬券内数が少なくなりますね。

母数の差というのもあるでしょうが、重めの馬はやや軽視すべきかもしれません。

負担重量は重めでも軽めでも入ってきていますね。

どちらかというと、重めの馬のほうが入ってきている印象です。

馬券はあまりやりすぎないほうが良さそうです。

内目の馬でワイドって感じでしょうか。

基本的には、外目はカットでいくつもりです。

今回馬券を買うレースとしては、一番抑え気味になるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする