期待値理論の穴。期待値で馬券は当てられない。

ポイフルです。

馬券理論について調べていると、必ずといっていいほど、期待値という単語を目にします。

かくいう僕も、以前は期待値で馬券を選んでいました。

ただ、今の僕は、この期待値理論には穴があると思っています。

そもそも、期待値というのは、一定の確率において発生する変化を平均化したものです。

例えば、10回に1回、1000円が当たるクジ引きを1回20円で引き続けたとしましょう。

この場合、10%の確率で資金が50倍になるので、クジ引きの期待値は5倍ということになります。

さて、では、この考え方は馬券にも応用できるのでしょうか?

ここで、期待値の問題点が浮上します。

期待値における確率というのは、一定でなければならないということです。

対して、競馬における確率、すなわち的中率というのは、一定ではありません。

買い目によって、レースによって、馬によって、まるで違ってきます。

こんな状態で、期待値を常に1倍以上に保てるでしょうか?

もちろん、的中率に応じて、狙うオッズを調整すれば可能です。

ですが、そのためには今度は、買い目別の正確な的中率を毎回知る必要が出てきます。

毎回条件がガラリと変わる競馬において、そんな芸当は不可能です。

競馬というのは、生き物が生き物を操り、それら同士が外部環境と共に複雑に絡み合うスポーツです。

そんな中で、常に一定の的中率の馬券を買い続けるなんて不可能でしょうし、正確な的中率を把握してオッズを調整するなんてこともまた、不可能でしょう。

馬券というのは、期待値などで選ぶものではなく、馬や騎手などを考慮した上で、当てにいくものです。

単純な数学の問題とは、まるで違うものなんですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする