なずな賞は枠がポイント!狙いたい穴馬は?

ポイフルです。

土曜日の中京10R、なずな賞について考察していきます。

現状の予想オッズは以下の通りです。

出典:netkeiba.com

ペース分析

空欄は開催のない年です。

ペースはハイの傾向が強いですね。

スタートから最初のコーナーまで400Mほどの直線が続くため、そこでペースが速くなりやすいようです。

恐らく、今回もハイになるんじゃないでしょうか。

少なくとも、スローはないと考えています。

ただ、そうは言っても、後方有利というわけではなく、前目の馬はかなり入っているので、あまりペースに捕らわれないほうがいいかもしれません。

人気分析

人気はほぼ3番以内で決まりですね。

他のところでは、連対は難しいんじゃないでしょうか。

18番の数字はたまたまだと僕は思います。

出走数もたったの5回ですしね。

枠分析

枠は完全な内枠有利です。

かなりキレイに内に寄ったなと感じますね。

ここまでいくと、大外2枠は無視でいいレベルなんじゃないでしょうか。

ローテ分析

ローテは6週以下なら有望な感じですね。

比較的、短期の仕上がりでも成績は低くありません。

2ヶ月程度は出走数こそ少ないですが、無視するにはやや優秀かなと思える数字です。

気には留めておきたいですね。

3ヶ月くらいになると、さすがに厳しい印象です。

馬体重分析

馬体重は440kg以上460kg未満がダントツですね。

420kg以上440kg未満でもまあまあ数字が出ていますし、比較的小柄な馬に勝機がありそうな気がします。

一方で、480kg以上500kg未満でもいい数字が出ているので、重ければ無視と安易に考えるのはダメでしょう。

ただ、傾向としては軽めなほうがいいというのは事実だと思います。

馬齢分析

馬齢は3歳統一ですから、分析の必要はありませんね。

まとめ

・ペースは、恐らくハイ、少なくともスローはない。

・人気は、3番以内でほぼ決まり、9番あたりまでなら3着の可能性はありそう。

・枠は、完全な内枠有利で大外は無視でもいい印象。

・ローテは、6週以下が有望だが、2ヶ月程度までは吟味が必要。

・馬体重は、比較的軽めの馬が有利。

これらの傾向から考えると、上位3頭は外せませんね。

次いで、トロイメントとタガノジェロディです。

この5頭がかなり有力になってくるんじゃないかなと。

穴馬としては、サンディレクションでしょうか。

ローテや馬体重はいいところ突いてきてます。

枠や実績次第では馬券に絡めてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする