僕は的中率を上げたい。

ポイフルです。

僕は今、馬券の的中率を上げるための努力をしています。

最近、レースの傾向分析を記事にするようにしたのも、馬券を的中させるために傾向分析を習慣づけしたかったからです。

競馬の収支というのは、個別馬券の的中率と回収率から出来上がっています。

そして、ここからが競馬の面白いところでもあり、難しいところでもあるのですが、的中率を上げると回収率が下がり、回収率を上げると的中率が下がってしまうんですね。

これはあくまで一般的なやり方をした場合ですが、本命党であっても穴党であっても、同じようになります。

個別馬券の的中率と回収率は、完璧ではないにせよ、ある程度の反比例関係にあるんです。

競馬の収支で100%を超えさせたいのなら、まずはこの反比例関係をどうにかしないといけません。

片方を上げて、もう片方を下げないための努力が必要になるんですね。

的中率を上げてオッズを下げない、オッズを上げて的中率を下げない、どちらでもいいですが、これを実現できないと競馬の収支はプラ転しません。

昨年の僕は見事にこの実現に失敗したわけです。

そして、自身のリスク許容度を考慮して、前者の「的中率を上げてオッズを下げない」を選択しました。

馬券を当てたいなら、パドックが強みになるのでしょうが、正直、僕はパドックを見ても何もわからないです。

一応、見れる時は見るようにしていますが、「パドックで予想をしろ。」と言われても、僕には無理です。

なので、今後もコツコツとですが、データ分析を行って、少しでも的中に有利な情報を得られるようにしていきたいと思います。

もちろん、自分の手作業で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする