スプリングステークス2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

日曜日の中山11R、スプリングステークスの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

スプリングステークス||中山良馬場10年分の傾向

およそ人気決着と見ていいレースですね。

稀に人気薄が1頭絡むというレベルでしょう。

意識するほどのものではなさそうです。

枠は結構決め手になりそうですね。

3枠から内は決定力がかなり高いです。

外目でも複勝率は高いですが、勝つには難しいと言わざるを得ないでしょう。

ローテは4週以下になると、軽視が必要かと思います。

この時点で人気薄が数頭消えましたね。

あとは馬体重は重めがいいでしょう。

480kgを割り込んでいる馬は軽視すべきかと思います。

気になっていたタガノディアマンテも消すことになりそうですね。

ファンタジストも増減次第では割り引かなければならなそうです。

傾向的には、ロジャーバローズが最も期待できそうです。

次いで、クリノガウディー、ファンタジストの順番ですかね。

まあ、ここから2頭くらいは絡みそうな気がします。

ヒシイグアス、シークレットラン、ディキシーナイトも良い傾向にありますし、荒れる可能性はないかもしれませんね。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

キュアン

穴馬らしいオッズですね。笑

まあ、でも、正直無理だと思いますwww

せいぜい、3着って感じでしょうか。

ダート2戦では、直線入りで前につけての粘り勝ちって感じの走りでしたが、芝で同じ走りができるかどうかが疑問です。

足元が悪くなればいいかもしれませんが、良馬場なら人気馬に粘り勝ちできるとは思えません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする