毎日杯2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

土曜日の阪神11R、毎日杯の傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

毎日杯||阪神良馬場10年分の傾向

3番人気以内が断トツで強いですね。

荒れることはなさそうに感じます。

ワンツースリーの可能性も十分にありますし、2頭は入ると思っておいたほうが良さそうです。

枠としては、内目のほうが決定力が高そうです。

ただ、3着なら、どこからでも入れそうです。

ローテは3〜6週がいいですね。

それ以外は軽視しても問題ないでしょう。

ヴァンドギャルドは6週なので、いい感じです。

他にも、アンタエウス、コパノマーティン、ダノンテイオー、ルモンドが当てはまっていますね。

馬体重は460kg未満はダメですね。

460kg以上480kg未満も少し割り引く必要がありそうです。

アンタエウス、ダノンテイオー、ランスオブプラーナ、ルモンドはちょっと厳しい数字ですね。

ヴァンドギャルドもこの点では微妙な印象ですね。

逆にアントリューズ、オールイズウェルは結構いいです。

まあ、そうは言っても、人気馬が強いレースですから、あまりオッズを疑っても仕方ないのかなと。

ヴァンドギャルドはコケないでしょうし、他の2頭も一桁オッズから入りそうな気がします。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

コパノマーティン

傾向的には可能性はありそうです。

ただ、実力で言えば難しいでしょう。

ギャンブル馬券になる印象ですね。

実績からして、重賞では通用しなさそうですし、運や展開次第になるかなと思います。

そもそも、人気決着が傾向的に示唆されているわけで、穴馬を選んだところで馬券内の確率はどんなもんなんだって話ですね。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする