福島牝馬ステークス2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

土曜日の福島11R、福島牝馬ステークスの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

福島牝馬ステークス||良馬場10年分の傾向

結構荒れそうな予感です。

軸は人気どころでいいと思いますが、他の2頭はどこからでも来そうです。

枠は中枠が強いですね。内外は割り引いて問題ないでしょう。

ローテは短めでいいかと思います。

長すぎなければ大丈夫でしょう。

ダノングレースはちょっと長いかもしれませんね。

馬体重は重めのほうがいいでしょう。

440kg未満は厳しい気がします。

ダノングレースとペルソナリテは軽視すべきかなと。

馬齢は4・5歳がいいでしょう。

7歳は悪くない数字を出していますが、出走数が少ないので、信頼性は落ちるかなと。

ウインファビラス、デンコウアンジュ、ビスカリア、ペルソナリテは割引が必要になりますね。

前走着順は、荒れそうなレースだけにあまり影響はなさそうです。

毛色は鹿毛と栗毛がいいですね。

所属は栗東がやや有利というくらいで、そこまで意識するところでもないでしょう。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

カレンシリエージョ

4歳の栗毛馬でローテもいい感じです。

馬体重もいいですし、所属も栗東ですから、傾向的有利はあります。

実績はパッとしませんが、そもそもパッとしない馬たちのレースですから、もはや実績は判断材料にならないでしょう。

枠次第ではありますが、傾向的に来そうな馬を推してみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする