NHKマイルカップ2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

5月5日、日曜日の東京11R、NHKマイルカップの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

NHKマイルカップ||良馬場10年分の傾向

可能性は低そうですが、荒れることもありそうですね。

人気薄がポロッと1頭入ることはあるかもしれません。

枠はどこに入っても差は少ないですね。

外目のほうが若干ですが、いいのかなと思います。

前走着順はいいほうが良さそうです。

一方で、悪すぎなければ、馬券に絡むことはあるでしょう。

クリガウディーとファンタジストはカットすべきですかね。

アフランシールとヴァルディゼール、プールヴィル、ミッキーブラック、ロードグラディオあたりは決定力に欠けそうです。

馬体重は重めのほうがいいと思います。

プールヴィルはカットになるでしょう。

ローテは短めだと決定力に欠けそうです。

グルーヴィット、ケイデンスコール、セリユーズ、ダノンチェイサー、ハッピーアワー、ピースワンパラディ、マイネルフラップの7頭以外は軽視しなければならないでしょう。

毛色は鹿毛に注目したいですね。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

セリユーズ

重賞経験のない未知数な馬です。

500万下から、いきなりのG1ですから、よほど自信があるのか、あるいは力試しか。

前走は外を回しながらも、後続を引き離しての1着でしたから、穴馬として期待してみても面白いのかなと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする