青葉賞2019の予想オッズと人気馬分析。

ポイフルです。

土曜日の東京11R、青葉賞の予想オッズと人気馬を見ていきます。

出典:netkeiba.com

1番人気はランフォザローゼスですね。

初の2400で、400の距離延長です。

ルメール騎手が騎乗予定とはいえ、なかなかのチャレンジだと思います。

京成杯の時で、あまり余裕はありそうに見えませんでしたし、もしかすると合わない可能性もあるんじゃないかかなと。

2番人気はウーリリです。

こちらは600の距離延長ですね。

ランフォザローゼス以上のチャレンジです。

毎日杯では、ゴール前の数叩きでしたから、まだ伸びの余地はあるでしょう。

ただ、それだけで延長分をカバーできるわけがないので、成長に期待したいところです。

3番人気はサトノラディウスです。

こちらは梅花賞で2400の経験がありますね。

ただ、とんでもない少頭数でしたから、どこまで評価したらいいものか。。。

まあ、全力疾走という様子ではなかったので、頭数が増えても、まだ走れる余地はあるでしょう。

上の2頭よりかは信用できそうな気がしますね。

4番人気はリオンリオンですね。

距離適性はありそうです。

横山騎手になってからは逃げを狙うようになっており、今回も逃げるんじゃないかなと。

ただ、前走も前々走も、そこまで強烈に追ってくる馬と戦っていないため、ここが課題なのかなと。

前走では直線で結構叩いていましたし、あまり余裕はなさそうに思います。

ウーリリやサトノラディウスのように、余裕が窺えた馬が相手となると、粘り切れない可能性のほうが高いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする