週末荒れ予報。

ポイフルです。

今週も【週末荒れ予報】の時間がやってまいりました。

さっそく、土曜日からです。

青葉賞

あまり荒れることはなさそうです。

ただ、ガチガチの決着にもならない気がしますね。

まあ、馬券的なおいしさはあまりないと見ていいかなと。

枠は内目のほうがいいでしょう。

13番から外になると、かなり厳しいですね。

前走着順は二桁になると、ダメかなと。

セントウルはちょっとダメそうですね。

馬体重はあまり大きな影響はないかと思います。

ローテは短すぎず、長すぎずがいいでしょう。

1・2ヶ月くらいですかね。

キタサンバルカン、ピンシェル、ランフォザローゼスは長すぎる気がします。

毛色や所属は関係ないと見ていいでしょう。

続いて、日曜日です。

天皇賞(春)

ちょい荒れの可能性アリですね。

軸は人気どころで問題ないでしょうが、3連系馬券は気を付けたほうが良さそうです。

枠は1枠が強いですね。

6枠も同程度に強いですが、全体としては内目が良さそうなので、1枠がトップでしょうか。

ローテは3~6週がいいでしょう。

グローリーヴェイズ、パフォーマプロミス、フィエールマン、ユーキャンスマイルは長すぎかなと思います。

馬体重はそこまで大きな差はありませんね。

まあ、軽すぎなければいいくらいなもんでしょう。

リッジマンはちょっと微妙な印象です。

馬齢は5・6歳が良さそうです。

4歳は決定力に欠けますね。

7歳も同じようなもんで、8歳以上ならかなり厳しくなるでしょう。

エタリオウ、グローリーヴェイズ、ケントオー、パフォーマプロミス、フィエールマン、メイショウテッコン、ユーキャンスマイルは軽視すべきかなと。

前走成績もそこまで気にする必要はなさそうです。

毛色は栗毛が強いですね。

鹿毛も悪くはないですが、決定力は心許ないと言わざるを得ません。

黒鹿毛は問答無用でカットでしょう。

グローリーヴェイズ、ケントオーはカットですね。

あとは、所属は美浦のほうが良さそうですね。

まあ、出走数の差が大きいので、どこまで意識するか微妙なところですが、38頭のデータがあれば、信頼できるんじゃないかなと。

最後に、月曜日です。

新潟大賞典

結構荒れそうな予感ですね。

人気どころの複勝率も大して高くありませんから、面白いことになるかもしれませんね。

枠は内目のほうがいいでしょう。

17・18番は無条件カットのレベルです。

前走着順はあまり関係ありませんね。

ここからも荒れる可能性は高いと言えそうです。

馬体重は重めのほうがいいでしょう。

460kgを割り込んでいる馬はカットになるかと思います。

ショウナンバッハやドレッドノータス、ルックトゥワイス、レッドレオンなんかは厳しいでしょう。

クラウンディバイダ、サンデーウィザード、ブレスジャーニーあたりも増減が気になるところです。

馬齢はあまり関係なさそうですね。

よほどの高齢でない限り、問題ないかと。

エアアンセム、ショウナンバッハ、スズカデヴィアスは微妙なところでしょうか。

斤量は56kgを割り込むと、かなり成績が悪くなりますね。

ローテは長すぎなければ良さそうです。

ブレスジャーニーはさすがにアウトでしょう。

エンジニアとミッキースワローもやや気になるところです。

なんか、結局、重賞ばかりになってしまいましたね。

この企画は過去の良馬場での傾向を元に考えているのですが、出馬表に関しては考慮に入れていません。

あくまで、過去の傾向からどうなのかを考えているため、メンツによっては全く荒れないことも十分に有り得ます。

また、途中で会場や距離、条件などが変わっていたりして、データに厚みがないようなレースも外しています。

なので、開催歴の浅いレースなんかも候補に入れれば、また少し変わってくるのかなと。

問題は、そのデータをどこまで信用するかですが。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする