京都新聞杯2019の予想オッズと人気馬分析。

ポイフルです。

土曜日の京都11R、京都新聞杯の予想オッズと人気馬を見ていきます。

出典:netkeiba.com

1番人気はブレイキングドーンですね。

正直、期待されすぎな印象があります。

というのも、3番人気のタガノディアマンテに負けた経験があるからです。

皐月賞では、ブレイキングドーンは不人気通りの結果に終わったのに対して、タガノディアマンテは15番人気で6着と割と好走しています。

ブレイキングドーンよりも期待したくなってしまいますね。

問題なのは、タガノディアマンテの鞍上が松山騎手が予定されているということでしょうか。

皐月賞の時は田辺騎手でしたし、この乗り替わりが評価を下げるポイントになっているのかなと。

そのため、1番人気がブレイキングドーンになっているという感じがします。

純粋に強さで言えば、タガノディアマンテのほうが信頼できそうに思いますね。

2番人気はロジャーバローズです。

デビュー戦では、直線に入るとスルスルと伸びて、ほとんど叩くことなく余裕の1着でした。

前走のスプリングSでは、デビュー戦の時に比べては叩いていましたが、やはり激しくはありませんでした。

勝ちにいったというより、経験として走らせた印象強いレースだったように思います。

まあ、単に届かなさそうだから、川田騎手が控えただけかもしれませんが。

まだまだ未知数な馬で、余力もありそうなので、人気化しているのも頷けるのかなと。

騎乗予定が浜中騎手というのが、ちょっと不安要素ではありますが。

昨年あたりから、重賞では勝てなくなってしまっていますからね。

アーリントンカップのイベリスはかなり驚きましたが、果たして今回は。。。

3番人気のタガノディアマンテは、ブレイキングドーンの評価で書いた通りですね。

ブレイキングドーンよりも信頼できそうな気がしています。

4番人気はトーセンスカイです。

まだデビューしたばかりの新進気鋭の馬で、未知数としか言いようがありません。

評価もどうしたもんか、という感じなんですが、鞍上は武豊騎手の継続が予定されていますし、これなら上位勢に不安がある今回なら、馬券入りの可能性はありそうです。

ただ、まだ、気が入っていないというかボンヤリしているというか、スタートとそこからの伸びが良くない印象で、しっかりと末脚が鍛えられていればいいんですが、発展途上という意味では博打感のある馬です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする