京都新聞杯2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

土曜日の京都11R、京都新聞杯の傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

京都新聞杯||良馬場10年分の傾向

人気馬は割と信頼できそうですね。

ただ、断然人気だからと言って、過信は禁物とは言えそうです。

荒れることは少なそうですが、1番人気がそのまま1番強いとは言いきれない気がしますね。

前走着順は悪いと微妙な印象ですね。

ナイママとブレイキングドーンは評価が下がるでしょう。

枠は13番から外になると厳しそうです。

ローテは短めがいいでしょう。

ヤマカツシシマルは問答無用でカットですね。

馬体重は軽めのほうが良さそうです。

500kg以上になると、軽視しなければならないでしょう。

サトノソロモン、トモジャチャーリー、ブレイキングドーン、ロジャーバローズは軽視ですね。

オールイズウェルとトーセンスカイも増減次第では軽視でしょう。

美浦馬もカットしていいかもしれません。

人気馬が軒並み軽視対象になってしまいましたね。

傾向的には単勝万馬券に出番はなさそうですが、そうではないレベルの不人気なら、この具合だとチャンスがあるかもしれませんね。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

レッドジェニアル

傾向的に、最後まで残りました。

実績を見ても、京都2000では安定していますし、今回は2200になりますが、3着くらいなら期待しても良さそうです。

デビュー戦では後方から大外を一気に差して、サトノソロモンやトーセンスカイに食らいつきました。

結構叩いていたので、当然と言えば当然なのかもしれませんが、叩けば今回も3着くらいにはなれる可能性があると思わせてくれます。

どちらかというと、直線で頑張る馬なので、最後までドキドキワクワクさせてくれるかもしれませんね。

まあ、馬券的には何も関係ありませんけどねwww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする