オークス2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

19日、日曜日の東京11R、オークスの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

オークス||良馬場10年分の傾向

ガチガチのレースですね。

二桁人気はNGですし、オッズも20以上になると、3着が精々といった感じです。

ぶっちゃけ、穴馬なんかいないんじゃないかって思えてしまいます。(^^;)

前走着順も馬券に絡んでいるほうがいいですね。

掲示板がギリギリの許容範囲と考えるべきでしょう。

この時点でアクアミラビリス、ウインゼノビア、エアジーン、エールヴォア、シェーングランツ、ノーワン、フィリアプーラの7頭はカットになりますね。

ローテや馬体重はちょっと使えなさそうですね。

特段、該当する馬が見当たりません。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

ビーチサンバ

傾向的にこの辺りがギリギリな気がしますね。

桜花賞では、今回の人気どころに食らいついていますし、実力的にはそう大きな差はないと感じています。

終始、外を走り続けていましたし、スタミナは十分に備わっているはずです。

ただ、その反面、決定力に欠けているようで、クロノジェネシスとは過去3戦しているのですが、3戦とも先着できていません。

紙一重でどうしても負けてしまいます。

クロノジェネシスの北村友一騎手は、相性抜群といった印象で、この点がビーチサンバとの差に繋がっているのかなと。

クロノジェネシスもビーチサンバも鞍上は継続予定ですから、そうなるとまた同じ結果になりそうな予感です。

傾向的に考えても、3着が精一杯、3着ならどうにか有り得るといったところでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする