京王杯スプリングカップ2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

土曜日の東京11R、京王杯スプリングカップの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

京王杯スプリングカップ||良馬場10年分の傾向

ちょい荒れしそうなレースですね。

断然人気もあまり信用できません。

一桁オッズなら、ほぼ信頼度は同じと見るべきでしょう。

一方で、単勝万馬券の可能性は低いです。

前走着順は何でもありですから、役に立ちませんね。

枠はちょっとわかりにくいところですが、全体としては外目のほうがいいのかなと思います。

1~4番まではちょっと厳しい数字が出ていますね。

馬齢は5・6・7歳がいいでしょう。

エントシャイデンとタワーオブロンドンは厳しいのかなと。

斤量は重めのほうがいいですね。

ローテは長すぎなければいいと思います。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

キャナルストリート

1400での安定感はかなりのものだと思っています。

鞍上も、今一番勢いがあると言ってもいい石橋騎手が予定されていますから、期待が高まるところです。

馬というよりも、騎手のほうに期待してしまっている感が強いですが、石橋騎手は本当に意外性のある騎手で、不人気の時こそ注目したいんですよね。

もはや、予想というより願望みたいになってきていますが、まあこういう楽しみ方もありなんじゃないかなと。

傾向的にも、不人気ということ以外、特に悪いポイントはありませんから、人気馬にも不安がある中で賭けてみる価値はあると思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする