京王杯スプリングカップ2019の予想オッズと人気馬分析。

ポイフルです。

土曜日の東京11R、京王杯スプリングカップの予想オッズと人気馬を見ていきます。

出典:netkeiba.com

1番人気はサトノアレスですね。

ここのところはどうにも決定力に欠ける馬です。

前回の京王杯スプリングカップでは3着になっていますが、どこまで期待したものか悩みます。

対戦相手もそこまで抜けて強い印象はありませんでしたし。

鞍上が柴山騎手の予定というのは、好材料でしょうか。

柴山騎手は過去4戦、サトノアレスに跨っていますが、その複勝率は100%です。

こんなことを言うと申し訳ないですが、柴山騎手はあまり成績が良くなく、大舞台では避けられている印象がありました。

しかし今回、ようやくのG2出走です。

1着は難しいと思いますが、2・3着は期待できるんじゃないかなと。

2番人気はタワーオブロンドンです。

安定感はありそうに思いますね。

反面、NHKマイルカップ以降、調子が出ていない印象です。

騎乗予定は出張中のレーン騎手といいところを取れたと思います。

気になるのは斤量で、馬券外になった2戦は両方とも57kgでした。

斤量に対して、馬体の筋肉量が追い付いていない印象を受けます。

今回は56kgのようですが、どこまでパワーを付けられているのか気になるところです。

3番人気はロジクライです。

東京新聞杯では、サトノアレスとタワーオブロンドンに敗れています。

マイルCSで大敗してから、どうにもパッとしない印象で、騎手が未定ではありますが、今回もこの2頭には勝てないような気がします。

ただ、上位2頭にも不安がありますし、そうなると今回はそこまでハイレベルな1戦にはならないでしょうから、馬券に絡める可能性は十分にあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする