安田記念2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

6月2日、日曜日の東京11R、安田記念の傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

安田記念||良馬場10年分の傾向

あまり大荒れにはならなそうなレースですね。

断トツ人気の馬は信頼しても、大丈夫でしょう。

しかも、今回はアーモンドアイですから、外すという手はないかと思います。

前走着順としては、二桁にはなってほしくないといったところでしょうか。

枠は内目がいいですね。

馬齢は若いほうがいいですね。

8歳以上は厳しくなりそうです。

ローテは長すぎなければいいといったところでしょうか。

特に、該当馬はいませんね。

馬体重も軽めだと厳しそうですが、該当馬はいません。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

グァンチャーレ

前走のマイラーズカップではダノンプレミアムに食らいついており、それがこのオッズなら妙味はありそうに思います。

どのみち、アーモンドアイとダノンプレミアム以外の馬は明らかに格下ですし、超不人気馬でない限り、各々そこまでの力の差があるようには思えません。

オッズ傾向としては、かなり厳しいところかと思いますが、マイラーズカップでモズアスコットやケイアイノーテックにも先着していることを考えると、このオッズでは軽視されすぎだと感じます。

結構高齢で、今回は長距離輸送にもなりますから、不安なポイントは多いと言わざるを得ません。

ダノンプレミアム同様、前目に構える馬ですが、ダノンプレミアムが崩れるようなペースにならなければ、この馬にもチャンスは出てくるのかなと。

マイラーズカップの走りを見る限り、ダノンプレミアムに先着することは難しいでしょうが、3着のおこぼれに与れる可能性はあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする