鳴尾記念2019の予想オッズと人気馬分析。

ポイフルです。

昨日のダービーはまさかのロジャーバローズでびっくりしました。

さすがに、勝ち馬には届かないだろうと思っていたので、馬券は買わなかったんですが、結果を見て悶絶しました。笑

次からは穴馬だけは高額が狙えるなら、買っておいたほうがいいのかもしれませんね。

さて、それでは土曜日の阪神11R、鳴尾記念の予想オッズと人気馬を見ていきます。

出典:netkeiba.com

1番人気はステイフーリッシュとギベオンですね。

どちらもG3レベルなら、安定感はありそうです。

ただ、ステイフーリッシュは前走が酷かった印象で、G1だったとはいえ、同程度の人気で同じような位置取りだったマカヒキが4着に入っていることを考えると、ちょっと引っかかるものがあります。

もう1年間、勝ち馬になれていませんし、1番人気としては少し信用できない印象です。

一方で、ギベオンなんですが、馬としてはステイフーリッシュよりも信頼できそうだと感じていて、金鯱賞では並みいるG1馬たちに対して先行し、6着に収まりました。

上位5頭は明らかにレベルの違う馬たちだったので、あのメンツの中では好走したほうだと思います。

大阪杯での結果を見ると、ステイフーリッシュはムイトオブリガードに負けています。

この結果を見ると、間接的にギベオンのほうを信頼したくなりますね。

負けたという意味では、ペルシアンナイトも大阪杯の時には負けていて、そうするとステイフーリッシュも単純には評価できないのかもしれません。

ただ、ペルシアンナイトは直線で何やらデムーロ騎手が馬を制しているような動きをしていて、早めの見切りで無理に追わせなかったんじゃないかと思います。

そんな印象があったため、ペルシアンナイトは評価材料にしていません。

3番人気はメールドグラースです。

レースレベルがあまり高くないとはいえ、実績としては安定感がありますね。

鞍上もレーン騎手が予定されており、気合が入っているなと。

騎手の実力なら、上の2頭を上回っていると思いますし、馬券に絡む可能性は高いでしょう。

ただ、あまり直線での強みがないというか、上りタイムがあまり良くないので、そこを騎手がどう捌いてくれるかだと思います。

4番人気はタニノフランケルです。

恐らく、今回逃げるのは、この馬でしょう。

実績を見ていると西での成績が良い印象で、鞍上も武豊騎手の予定なので、期待できそうですね。

個人的には、今回のメンツだと、この馬を軸にしたいなと思っていて、やっぱり前を走れるというのはそれだけでもアドバンテージだと思っています。

他の人気馬たちも抜群に強い感じではないですし、持ち味を生かせば、勝ち馬に一番近いんじゃないかなと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする