鳴尾記念2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

土曜日の阪神11R、鳴尾記念の傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

鳴尾記念||良馬場10年分の傾向

あまり荒れなさそうなレースですね。

少頭数になりそうですし、堅く決まる可能性は高いでしょう。

単勝万馬券もまあ難しいと思います。

一方で、前走着順は関係ない印象で、その点はステイフーリッシュとかも安心かなと。

枠はやや外目がいいですね。

今回の数なら、一番外側が良いということになるでしょうか。

馬齢は6歳以上になると、ダメですね。

ローテは今回のメンツでは関係ないでしょうね。

問題は馬体重で、460kgを割り込むと不安になってくるんですが、ステイフーリッシュが当てはまっています。

増減次第ではやはり、危険な人気馬ということになりそうです。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

プラチナムバレット

昨年はケガに転倒にと散々なレースを経験した馬です。

傾向的には結構いいところを突いてきてると思います。

実績的には、昨年が酷かったので、評価できるポイントが見当たらないのですが、このイメージが不人気にしているというなら、逆に狙い目なのかなと。

復調さえすれば、ケガ前の実力を考えると、十分に勝ちも狙えると思いますし、単勝一点で楽しんでみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする