エプソムカップ2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

朝の記事では言い忘れてしまったんですが、安田記念ではアエロリットの単勝を買っていました。

入線直前までは「当たった!!」と思っていたんですが、まさかのインディチャンプの末脚に屈し、見事に紙切れとなりました。

最近は単勝で当てることを目標に、ソフトを改良していまして、安田記念では総合的にアエロリットがトップでした。

次点がインディチャンプでしたね。

ステルヴィオも数字だけなら、アエロリット並みでしたが、傾向的にアウトでした。

そんなこんなで、アエロリットを本命にしたんですが、あとほんの少し粘ってくれてたらな~という結果になってしまいました。

それでは、日曜日の東京11R、エプソムカップの傾向を見ていきましょう。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

エプソムカップ||良馬場10年分の傾向

荒れることはなさそうですかね。

ガチガチ決着の可能性大です。

ただ、メンツ的には荒れそうな気もしていて、今の東京開催の状況を考えるに、単勝万馬券とまではいかないまでも、今までよりもワンランク上の単勝馬券が出ることはありそうに思います。

前走着順は悪すぎなければいいかなって感じで、ハクサンルドルフは消えますかね。

枠は大外気味になると、やや厳しい印象です。

馬齢は4歳が断トツですね。

ショウナンバッハとストーンウェアはカットでしょう。

ローテは短すぎると、ちょっと不安になってきますね。

馬体重は軽すぎなければいいでしょう。

キョウヘイとサラキアは増減が気になるところです。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

サラキア

やっぱり、ここはサラキアかなと。

4歳が断トツに強いレースですから、人気馬のレイエンダを除くと、この馬しかいません。

馬体重は確かに少し気になるところですが、それ以上に馬齢の数字は驚異的でしょう。

鞍上は単勝回収率100%超えの丸山騎手が予定されていますから、そういう意味でも単勝に期待したい馬ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする