マーメイドステークス2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

日曜日の阪神11R、マーメイドステークスの傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

マーメイドステークス||良馬場10年分の傾向

荒れそうな感じがしますね。

高額単勝も出る可能性があります。

一桁オッズにも全幅の信頼は置けませんし、ちょっと狙ってみたいレースですね。

前走着順も悪すぎなければいいでしょうし、稀に悪い馬も馬券に絡みます。

枠は大外でなければいいですね。

馬齢は4歳の成績があまり良くありませんね。

勝ち馬としては5・6歳から選ぶのが良さそうです。

斤量は軽すぎなければいいでしょう。

ローテは短すぎず長すぎずがいいですね。

アドラータにウスベニノキミ、サトノガーネット、センテリュオ、レッドランディーニは4歳ということもありますから、勝つには厳しいかもしれません。

馬体重は重すぎないほうが良さそうですね。

500kgは超えてほしくないところです。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

サンティール

傾向的には、不人気の中では、この馬が最後まで残りますね。

萩野騎手に乗り替わりというのが、やや不安にさせてくれますが、十分なハンデを得られれば馬券に絡むことはありそうです。

ただ、実績的にはあまり書けることはありませんね。(^^;)

ハンデ戦だから買ってみたい馬、という感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする