宝塚記念2019の予想オッズと人気馬分析。

ポイフルです。

昨日のエプソムカップですが、レイエンダとサラキアが見事にワンツーでした。

予想としてはサラキアが本命だったので、少しズレてしまいましたが、十分に満足いく予想だったかと思います。

ただ、馬券は買えませんでした。

予想時に【6-9】のワイドとか言ってたのに、朝ご飯を優先したら、そのまま買うのを忘れました。。。

気付いた時にはもう、レースは終わっていて、結果を見て悶絶です。

ダービーの時と言い、これで一体いくらの機会損失をやらかしたんでしょうね。

自分に呆れてしまいます。

さて、軽く愚痴らせてもらったところで、23日、日曜日の阪神11R、宝塚記念の予想オッズと人気馬を見ていきます。

出典:netkeiba.com

1番人気はキセキですね。

強力な逃げ馬ではある一方で、逃げ戦略に転じてからは勝つことができていません。

キセキを下した経験もあるアルアインやレイデオロが出走してきますし、今回も1着のハードルは高そうに思います。

ただ、反面、コケる可能性は薄そうにも感じますね。

逃げ足はもちろんですが、直線での粘りもかなり強い馬だと感じますし、馬券に絡まない画は想像しにくいところですね。

2番人気はリスグラシューです。

海外でも安定した実績を収めており、金鯱賞では海外帰りでありながら、ダノンプレミアムやエアウィンザー相手に2着に入っています。

安定感抜群で、地力はかなり高いと思うのですが、問題は騎手ですね。

外国人を取れるといいんですが、デムルメはちょっと難しそうに思いますし、レーン騎手を取りたいところかなと。

日本人なら武豊騎手でしょうか。

実績を見ても、中途半端な乗り替わりは勘弁願いたいなと感じます。

3番人気はレイデオロです。

海外でこそ及ばない馬ですが、国内では最強クラスですね。

鞍上は恐らく、ルメール騎手になるでしょうが、実績的にもキセキを下した経験がありますから、今回も1着の有力候補と見ていいでしょう。

有馬でも着差なしのほぼ1着と言っていい結果でしたし、今回も連対する可能性は出走馬の中で最も高いのではないかなと。

僕的には本命候補ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする