宝塚記念2019の穴馬と傾向分析。

ポイフルです。

23日、日曜日の阪神11R、宝塚記念の傾向を見ていきます。

予想オッズと人気馬分析はコチラです。

それでは、例年の傾向を見ていきましょう。

宝塚記念||良馬場10年分の傾向

あまり荒れそうにないレースですね。

ただ、2倍未満のオッズが信頼しにくいところなので、一桁オッズの馬なら、ある程度同列に見ておくべきかと思います。

前走着順も良いほうがいいですね。

タツゴウゲキはカットしたほうが良さそうでしょうか。

枠はあまり関係なさそうですね。

馬齢は4・5・6歳がいいでしょう。

ショウナンバッハ、ソールインパクト、タツゴウゲキは厳しそうです。

ローテは長すぎないほうがいいですね。

タツゴウゲキとか論外です。

完全にカットですね、この馬は。

馬体重は重すぎるとダメそうです。

アルアインとスワーヴリチャードはちょっと軽視が必要でしょう。

あとは所属ですね。

美浦の成績が悪いので、ショウナンバッハとソールインパクト、レイデオロはカットになるかなと。

では、最後に穴馬を見ていきましょう。

ノーブルマーズ

前回の宝塚記念で穴を開けた馬です。

阪神では妙に成績の良い馬で、勝ちまくってこそいないものの、不人気馬にしては阪神では安定感があるなと。

勝つのは難しそうな感じがしますが、3着くらいに絡める可能性は秘めていそうに思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする